Bien Cuitロゴ いますぐ会員登録
biencuitロゴ

シェフ認定

アドバンス
ライセンス保持者

ビアンキュイのアドバンス修了証はシェフが認めた厳しい試験にパスした方に贈られます。

公開収録レッスンだけでなく全国のビデオ会員の方も挑戦することができるのです。

そんなビアンキュイのアドバンスを取得された皆様全員をこちらでご紹介していきます。

Miwa Ikeda

池田 美和さん

2017アドバンス

感想とシェフのコメント

アドバンスコースの感想

ビアンキュイのレッスンは、いつも内容が濃くて情報がとても多く、小さな脳みそいっぱいにしてこぼれない様に用心しながら帰宅しています。「なぜこの配合なのか」「なぜこの行程なのか」実は緻密で高度な理屈なのに、易しく理解しやすい言葉で教えて下さるので、簡単に焼ける気になってしまうのですが、そんなことがあるはずもなく。

焼き上がったパンを見て食べて、どこが悪かったのか考えて、悪かったと思う所を修正して、また焼いて・・・の繰り返し。

合格はいただけましたが課題はまだまだ沢山。これからもこの経験をいかして、もっと美味しいパンが焼ける様に精進します!

池田 美和さん

僕が教えた期間では技術的にいちばん伸びた人だと思う。自分が作るパンに満足できなくて何度も何度もパンを作ってきてくれて、僕のアドバイスをきちんと守ってくれました。大変だったと思います。本当に食べるものを作ることが好きなんでしょう。途中までは細かいことにこだわっていたようですけど、「パンは最初から最後までのいろいろな工程の組み合わせだから」というところがわかってもらえたようです。池田さんが努力していることは、パンを見ればわかります。

児玉 圭介シェフ

児玉 圭介シェフ

Noriko Otsuka

大塚 典子さん

Bread'N Pantry

2017アドバンス

感想とシェフのコメント

アドバンスコースの感想

ビアンキュイに参加したての頃は、他の参加者の皆さんがプロフェッショナルやパン教室を主宰している方々、ご家庭でパンをよく焼いている方々ばかりなので、私もすごく緊張していました。でも、シェフのお人柄か、ご指導も楽しく、レッスンの回が進むうちに、シェフとも皆さんとも打ち解け、和やかな雰囲気になってきたと感じます。

アドバンスの課題のレシピは、今まで自分が焼いてきた食パンとかなり異なり、正直戸惑いました。「試されている」と感じるレシピでした。出来る限り時間を作り焼くようにしてきましたが、なかなか思い通りに焼き上がらず試行錯誤。でも、シェフからアドバイスをいただき、その通りに作業をすすめると、見事にその通りにパンが焼き上がるようになりました。そういうシェフとの、生きたやり取りがあってこその今回の修了証なのだと思います。

大塚 典子さん

よくいろいろなことに挑戦する方だなってところが印象的で、パン作りに関して一番大事な柔軟性をもっているように感じます。二年間でアドバイスも正しく理解出来るレベルまで上がってきました。柔軟性があるから努力と失敗が活かされています。試験ではミキシングだけアドバイスしましたが、しっかりそのとおりにできていて、ちょっと驚くほど良い仕上がりでした。単純に回数を重ねるのではなく、追究心をもって焼いているのがよく伝わりました。

根本 孝幸シェフ

根本 孝幸シェフ

Tomomi Katakura

片倉 知美さん

2017アドバンス

感想とシェフのコメント

アドバンスコースの感想

ビアンキュイのレッスンは「プロが家庭の道具を使って実際販売されているパンを作る」、私がずっと探して求めていたレッスンでした。毎回作るパンは違いますが、どのパンを作るにも共通するポイントがありやはりその部分は復習しないと、ふつうにお家で作るパンになってしまいます。

聞いてるだけではパンは上手く作れません。生地に触った分だけ技術は身についていきます。そして間違った技術や変な癖がついてしまうとなかなかプロが作っているパンには近づかない、レッスンで習ったようには上がらない。

ビアンキュイのレッスンで私のパン作りは大きく変わりました。ただ美味しいパンを作るのではなく、どう美味しくしたいのかを考えるようになり、口に入れた瞬間思わず笑みがこぼれるパンが以前より少しは作れるようになりました。

片倉 知美さん

ご家族のためにおいしいパンを焼きたい、という熱意をこれほど強く感じた生徒さんは初めてでした。みなさん熱心なのですが、その中でモチベーションがとても高い。ポイントをしっかり見ている。まるめの練習も過去のレシピも何度も復習しているからしっかり身についているし頭に入っている。隠れた努力をたくさんしている人だと感じました。いろいろな講習会にでて知識もある片倉さんから、逆に生徒さんが何を求めているのかを教わったと思っています。

児玉 圭介シェフ

児玉 圭介シェフ