Bien Cuitロゴ いますぐ会員登録
biencuitロゴ

シェフ認定

ライセンス保持者

マスター検定 アドバンス検定

ビアンキュイのアドバンス&マスター修了証はシェフが認めた厳しい試験にパスした方に贈られます。

公開収録レッスンだけでなく全国のビデオ会員の方も挑戦することができるのです。

そんなビアンキュイのアドバンスを取得された皆様全員をこちらでご紹介していきます。

マスター取得者

Master Acquired

Bread'N Pantry

Noriko Otsuka

大塚 典子さん

2019マスター

感想とシェフのコメント

マスターコースの感想

ルヴァンリキッド作りからスタートしたマスターへの挑戦でしたが、当初は思い通りのパンが焼き上がらず、先の見えないトンネルに入り込んでしまったように感じました。何度も焼いたパンを持ち込みシェフのご指導を仰ぎましたが、自分のパンをプロのシェフが真剣に評価し的確なアドバイスをくださる。そんなパン教室、他にはなかなかないと思います。

私は元々、パンと料理とのコーディネーションの方に興味がありましたが、課題に取り組むうちに、製パン工程の意味や生地の見極めの大切さがわかり、思い描いたパンに焼き上げるにはどうしたらよいのかを考えるようになりました。パン作りへの視点が明らかに変化したのです。

シェフから学びたいこと、勉強しなければならないことは、まだまだ沢山ありますが、まずは、シェフのご指導のおかげでマスターの課題をクリアできたことは、本当に嬉しく自信にも繋がりました。ありがとうございました。

大塚 典子さん

提出されたパンがホントにおいしくて、最初は実力?偶然?と思いましたが、その後にSNSで上がってるパンを見てやはり実力なんだと確信しました。マスターになってもパンの技術は日々進化してしています。その流れに取り残されないようにこれからも精進してください。

児玉 圭介シェフ

児玉 圭介シェフ

Yuko Okajima

岡島 祐子さん

2019マスター

感想とシェフのコメント

マスターコースの感想

根本シェフのレッスンでのパンは、「家族に作りたい!食べさせたい!」という感想が先に出ました。それは、もちろんなんと言っても美味しいからなのですが、技術を学びに来ているのにこの感想が先に出るというのは私にとっては予想外でした。

でも、レッスンを受けているうちに、シェフが惜しみなくプロの技術を伝授してくださりながら食全体を通してのパンのあり方、そしてパンへの愛情なども伝えてくださっていたからなのだと思いました。

作るだけではなく食べる人がいてのパン。なのですね。技術も知識もまだまだ教えていただきたいことがたくさんありますがシェフから感じたことを思い出しながらこれからもパンを焼きたいと思います。

パンを焼くことがより楽しくなりました。ありがとうございました。

岡島 祐子さん

岡島さんは、何時もテーマに向けて前向きな姿勢がパンを作るにあたり大事なことなのでこれからも、美味しく幸せなパンを沢山作って下さい。応援してます!初年度から本当にありがとうございました!

根本 孝幸シェフ

根本 孝幸シェフ

アドバンス取得者

Advance Acquired

Megumi Ueda

上田 恵さん

2019アドバンス

オンライン受講

感想とシェフのコメント

アドバンスコースの感想

特別に高級なものではなくて、ちょっとした幸せを人に届けるようなパンを作れるようになりたいと思ってきました。

AdvanceコースはBasicより更に難易度が高いと伺っていましたので、怯みましたが、自分の目標とするパンを作れるようになるには絶対やってみるべき!と思い挑戦しました。

課題提出の度、ともかくビデオレッスンを見直し繰り返し試作しました。何度も見直し想像しながら作っていると何となく生地の感触までわかってきたように思います。ビアンキュイのビデオが感触も伝わるビデオレッスンだからかしら?と思います。課題提出後、凹みそうな時もありましたがシェフのフィードバックが素晴らしく、アドバイスに励まされながらまた次の提出に向けて試作に挑戦できました。

振り返ってみて、この一年、製パンの基本である、こね、発酵、丸めの技術の意味、重要さと向き合えたように思います。そして、前より少しだけパン生地や酵母さんと仲良くなれた気がします。いつかパン生地や酵母と対話しながらパンを作れるようになりたいと思います。

本当にありがとうございました。

上田 恵さん

上田さんには今までに二度お会いさせていただく機会があったのですが、とてもまじめな方という印象でした。それが今回提出していただいたパンにも表れていて、ホントにレシピの意図どおりに素直に作られているパンはおいしくてとてもよかったです。パン作りにはその人の性格や心が出やすいものです。美味しいパンを作りたいという心をこれからも大切にして次のステップにすすんでいただきたいと思います。

児玉 圭介シェフ

児玉 圭介シェフ

Mayumi Kondo

近藤 真由美さん

2019アドバンス

感想とシェフのコメント

アドバンスコースの感想

月に一度、新幹線に乗ってBien Cuitに伺うのは今の私にとって大切な時間の一つです。本やネットでは得られない知識が得られる。受講者の方達の驚く様な意識の高さで自分もヤル気にさせてもらえる。そして、シェフの気さくなお人柄で楽しく勉強させて頂けるからです。

今まで何気にやっていた「丸め」の大切さ、生地温度が1℃違うだけで変わってしまう生地の状態など、忘れかけていた基本の大切さも教わりました。

また素人の私の初歩的な質問にも、きちんと、たとえ時間が無くても理解出来る迄とことん説明して下さるシェフには感謝しかありません。

教わった正しい情報や技術を自己満足で終わらせず、シェフがよくおっしゃっている様に私のパンを食べてくれる大切な人達がパンを通して笑顔になってもらえる様、楽しくパンを作っていきたいです。

近藤 真由美さん

近藤さんと初めてお会いしたときの印象は、パンの生地の扱い方は上手な方だな、という感じでした。レッスンを通じて質問や感想を聞いていいるうちに、近藤さんの中の理論や知識に技術を結び付けることが課題だと思っていましたが、このアドバンスの検定を通じて最後までよく頑張って努力されていました。ここで満足せずに、ぜひ次のステップに向けて頑張って下さい。

児玉 圭介シェフ

児玉 圭介シェフ

Saori Sugiyama

杉山 さおりさん

2019アドバンス

感想とシェフのコメント

アドバンスコースの感想

ビアンキュイに入った時は年度途中だったので、プロのお教室の雰囲気、プロが作る工程の違いに戸惑う事も多かったのですが、シェフはどんな時も一人一人優しく、分かりやすく、何度も教えて下さり、家庭製パンでもこんなに美味しく出来るんだ!と改めて感じました。

イギリスパンも基本だからこそ当たり前に抜けていた事が多く、初心に戻りパンと向き合い、ままならない事がパン作りは楽しい。またパンの魅力再確認、これからもパン作り楽しみたいと思います。

杉山 さおりさん

杉山さんは、最初は天然酵母に大変興味をもってましたね。最初は苦労していたように見えましたが、でもビアンキュイでパンをつくるイーストの難しさやミキシングのありかたにだいぶ答えが見えてる感じがします。これからも、美味しく幸せなパン沢山作って下さい!

根本シェフ

根本 孝幸シェフ

Mikiko Takenaka

竹中 美貴子さん

2019アドバンス

感想とシェフのコメント

アドバンスコースの感想

「なんと場違いなところに来てしまったのか…。」レッスン初日にいきなり後悔していました。レベルがあまりに高すぎました。

落ちこぼれ感から脱出できない中、知識も重要だけれどまず技術!とシェフが繰り返し伝えてくださいました。まずは「まるめを一生懸命やる。」そして「躊躇せず質問をする。」そう自分で決めた後は本当に楽しかったですし、検定にチャレンジし課題に取り組むことは自分の実力を知るためにはとても重要なことでした。

アドバンス合格まで2年かかり、提出すればするほど点数が下がり何度も挫折しそうになりましたが、常に一生懸命アドバイスをくださったシェフには本当に感謝しています。また悩んだ時に確認できるビデオに何度も助けられました。

今後も一つずつ課題をクリアし、生徒のみなさんがおっしゃる「家族が喜ぶおいしいパンを作る」をいつか実現したいと思います。

竹中 美貴子さん

竹中さんがアドバンスの検定を通じて、何度も何度も失敗しているのを知っていますし、何度も努力していることも知っています。そのたびに、どこかでその努力が花を咲かせるに違いないと思っていましたし、それを思いながらアドバイスをしてきました。その竹中さんがめげることなく挑戦して、最後にホントにおいしいイギリスを焼いてきたことに感激しました。マスターも頑張ってください。

児玉 圭介シェフ

児玉 圭介シェフ

Yuka Yokoyama

横山 結花さん

2019アドバンス

感想とシェフのコメント

アドバンスコースの感想

以前は、家庭でのパン作りには限界があることを前提に、家庭製パンに向き合っていたように思います。シェフにはレッスンを通し、美味しいパンの追求は家庭でも十分出来ることを教えていただきました。

アドバンスコースの課題は、納得のいくパンを探求する難しさと楽しさを改めて実感する良い機会になりました。シェフが下さったアドバイス全てが宝です。これまでの貴重な経験を大切に、今後も一歩ずつ積み重ねていきたいと思います。

横山 結花さん

横山さんは、本当にパン製造にあたり記録の取り方が上手ですね。その成果が結果となり本当に現場さながらです。熱心さには本当に感心させられます。これからも、美味しく幸せなパン沢山作って下さい。

根本シェフ

根本 孝幸シェフ

Reiko Akutsu

安久津 玲子さん

2018アドバンス

感想とシェフのコメント

アドバンスコースの感想

BienCuitにはまるで "カリスマ家庭教師" がそばにいて教えてくれているようなレベルの高さとわかりやすさがあります。

イギリスパンの試験は他で体験済みなのに、こちらの課題の生地は「ぐぐっ」と持ち上げるのに手こずり、どつぼにはまりました。1つずつ確認し、何度も先生に指導を仰ぎ、ズバリと指摘を受け、納得し、悪しき習慣に気づかされたのです。これは間違いなく贅沢な体験でした。

「自分が食べたいとおもったパンを自分好みに焼く」のが私のテーマです。限られた食材で味、食感、風味の変わるパン。だからパン作りは楽しいのです。

安久津 玲子さん

パンの作る姿勢がとてもいいなと感じていました。安久津さんのテストの前に練習でつくってくるパンは最初からなかなか上手でしたが、ミキシングのポイントなどいくつかの改善点に関しては本番の検定ではしっかりイメージどおりにしてくるあたりはさすがなという感じでしたね。とても楽しいお人柄ですが、やはりまじめで熱心なところがパン作りににも反映されていると思います。

根本シェフ

根本 孝幸シェフ

Yuko Arai

荒井 雄子さん

2018アドバンス

感想とシェフのコメント

アドバンスコースの感想

見た目、色、香り、音、感触など…レッスンや課題に取り組む中で特に実感しているのは、数字で測れる以外のことの大切さ。様々な表現で繰り返し伝えてくださるシェフの言葉や動作から多くの学びをいただいて、少しずつですが私のパン作りも変わってきたように思います。

技術はもちろん素材や食文化まで話題とセンスに溢れるレッスンは、毎回が美味しく楽しく充実した時間。私自身も美味しさや楽しさをシェアできるようなパン作りを目指して作り続けていきたいと思います。

荒井 雄子さん

本当に努力家で、ある意味ちょっと“ガンコ”なところが感じられるほど(笑)一つのことを追求される方だと思います。今回の検定では部分的には相当苦戦したところがあると思うんですが、何度も何度も練習されて最後にご自分の思いどおりのパンが焼きあがってきました。ボリュームも焼き色も、すべてにおいてきれいに仕上がっていて練習の成果が見事に花開いたという感じで、よく頑張られたと思います。これからも頑張り続けておいしパンをたくさん焼いてほしいですね。

根本シェフ

根本 孝幸シェフ

Studio kona

Sayuri Underwood

アンダーウッド 小百合さん

2018アドバンス

感想とシェフのコメント

アドバンスコースの感想

ビアンキュイに参加して、家庭製パンの概念が大きく変わりました。

粉にこだわらなくても、ハード系で天板を予熱しなくても、生地がきちんと出来ていれば驚くほど美味しいパンが焼けるという事。課題パンの途中提出では、断面を見ただけで、「丸めが弱い」「油脂入れのタイミングが早すぎ」など、何でもお見通しのシェフ達。アドバイス通りにしたら、パンの香りまで変わって嬉しかったです。

今までの、捏ね何分、発酵は何分という時間に縛られたパン作りから、生地と向き合う大切さを学んだ試験でもありました。

アンダーウッド 小百合さん

アンダーウッドさんの焼くパンを見ていると、この人は本当にパンを食べることが好きなんだなぁという気がします。美味しいパンを作るための技術とかポイントとかの話に人一倍敏感な反応をされていたような感じがしています。検定のパンでは最初の時に比べて全体のバランスもよくなりましたね。特にミキシングについては、油脂入れのタイミングについて上手になったと思います。それが焼き色にはっきり表れていました。

根本 孝幸シェフ

根本 孝幸シェフ

Miyako Kurihara

栗原 美矢子さん

2018アドバンス

感想とシェフのコメント

アドバンスコースの感想

驚きです。シェフは家庭用の機材を使ってお店と同じ美味しいパンを焼いてしまいます。これまでプロの機材だからこそできるのだと思っていたので。

シェフは何でも聞いてくださいとおっしゃって、本当に何でも答えてくださいます。自分の今までの常識を覆される事を教わる事も多く、思い切ってその通りにやってみると「本当だ」とびっくりします。とは言ってもすぐにお店のようなパンが焼けるわけもなく悩むことばかりなのですが。

一流のプロのシェフのレッスンを受けられる機会を大切にしてパン作りを続けていきたいと思っています。

栗原 美矢子さん

栗原さんは何度も何度も練習でパンを持ってきてくださいました。最初のころは窯伸びの具合などをみて、正直これはけっこう大変そうだな、という印象を持ったことを覚えています。ミキシングの部分がポイントだったと思うのですが、練習の回数を重ねるごとにミキシングへの理解が深まっていって、本番の検定では最初のころとは見違えるような焼き上がりのパンを提出いただけて僕もうれしかったです。1年間で一番伸びた生徒さんの一人だと思います。

根本 孝幸シェフ

根本 孝幸シェフ

Kumiko Nakagawa

中川 久美子さん

2018アドバンス

感想とシェフのコメント

アドバンスコースの感想

ビアンキュイは目から鱗のシェフの技が詰まった贅沢なレッスンが受けられるパン教室で、シェフの何気ないお話の中にも『あっ、なるほど』と思わされるようなヒントが多くありました。

アドバンスコースの課題は実際に焼いてみると、とても難しくて試行錯誤しながら相当悩みました。今までの自分のパン作りで足りない部分に気づかされ、それと向き合う。そういった思いでのチャレンジでした。自分の焼いたパンをシェフに採点して頂けるなんて とても幸せな経験が出来たと思っています。

これからも頑張ります。ありがとうございました。

中川 久美子さん

最初のころは質問も少なくおとなしい方だなと思っていましたが、検定が開始されてからの中川さんはどんどんパンも持ってこられて質問もたくさんされて、実はもっとも積極的な生徒さんの一人でした。本番の最終試験では、毎回ビアンキュイで伝えたいとおもっています「仕込みの重要性」を、きちんと理解できたパンをしっかり仕上げて焼いて提出していただけたことが私もうれしかったです。難易度の高いパン・ド・ミでしたが、相当な練習を繰り返して努力された成果が出ていました。

根本 孝幸シェフ

根本 孝幸シェフ

Fumiko Matsuyama

松山 富美子さん

2018アドバンス

感想とシェフのコメント

アドバンスコースの感想

プロの手にかかると家庭の機材でもこれだけ本格的なパンが焼けるのかと驚きの連続です。

日本のパン業界を作り上げてきたレジェンド的な存在である根本シェフは無限の創造性、基本を大事にしながらも、枠に囚われていないアイデア満載のパン作りをレッスンで教えて下さっていると思います。そのレッスンを毎月受けられる事がとても自分にやる気をもたらしてくれます。

また自宅で作ったパンを持参すればレッスンの時に的確なアドバイスを頂けるのも上達に直結すると思います。ビアンキュイで根本シェフのレッスンを受講出来る事は、一生の宝となる時間を過ごさせて頂いていると思います。

松山 富美子さん

家事が終わってから、夜中から朝方までかけてパンをつくるという大変な努力も何度もくりかえしながら練習していたというお話を松山さんご本人からききましたが、その成果がはっきり出た焼き上がりでした。はじめのうちから安定してよいパンが焼けているようでしたが、一番の課題のバター入れのタイミングもしっかり理解して最後にはさらにデイの良いパンドミができていました。オーブンも古いタイプのものをご利用らしいのですが、やはりパン作りは道具ではないということを証明してくれたように思います。

根本 孝幸シェフ

根本 孝幸シェフ

Miwa Ikeda

池田 美和さん

2017アドバンス

感想とシェフのコメント

アドバンスコースの感想

ビアンキュイのレッスンは、いつも内容が濃くて情報がとても多く、小さな脳みそいっぱいにしてこぼれない様に用心しながら帰宅しています。「なぜこの配合なのか」「なぜこの行程なのか」実は緻密で高度な理屈なのに、易しく理解しやすい言葉で教えて下さるので、簡単に焼ける気になってしまうのですが、そんなことがあるはずもなく。

焼き上がったパンを見て食べて、どこが悪かったのか考えて、悪かったと思う所を修正して、また焼いて・・・の繰り返し。

合格はいただけましたが課題はまだまだ沢山。これからもこの経験をいかして、もっと美味しいパンが焼ける様に精進します!

池田 美和さん

僕が教えた期間では技術的にいちばん伸びた人だと思う。自分が作るパンに満足できなくて何度も何度もパンを作ってきてくれて、僕のアドバイスをきちんと守ってくれました。大変だったと思います。本当に食べるものを作ることが好きなんでしょう。途中までは細かいことにこだわっていたようですけど、「パンは最初から最後までのいろいろな工程の組み合わせだから」というところがわかってもらえたようです。池田さんが努力していることは、パンを見ればわかります。

児玉 圭介シェフ

児玉 圭介シェフ

Tomomi Katakura

片倉 知美さん

2017アドバンス

感想とシェフのコメント

アドバンスコースの感想

ビアンキュイのレッスンは「プロが家庭の道具を使って実際販売されているパンを作る」、私がずっと探して求めていたレッスンでした。毎回作るパンは違いますが、どのパンを作るにも共通するポイントがありやはりその部分は復習しないと、ふつうにお家で作るパンになってしまいます。

聞いてるだけではパンは上手く作れません。生地に触った分だけ技術は身についていきます。そして間違った技術や変な癖がついてしまうとなかなかプロが作っているパンには近づかない、レッスンで習ったようには上がらない。

ビアンキュイのレッスンで私のパン作りは大きく変わりました。ただ美味しいパンを作るのではなく、どう美味しくしたいのかを考えるようになり、口に入れた瞬間思わず笑みがこぼれるパンが以前より少しは作れるようになりました。

片倉 知美さん

ご家族のためにおいしいパンを焼きたい、という熱意をこれほど強く感じた生徒さんは初めてでした。みなさん熱心なのですが、その中でモチベーションがとても高い。ポイントをしっかり見ている。まるめの練習も過去のレシピも何度も復習しているからしっかり身についているし頭に入っている。隠れた努力をたくさんしている人だと感じました。いろいろな講習会にでて知識もある片倉さんから、逆に生徒さんが何を求めているのかを教わったと思っています。

児玉 圭介シェフ

児玉 圭介シェフ